大学生の一人暮らしで注意すること

大学生の就職にタトゥーはマイナスになるか?

タトゥーが入っている大学生が就職活動を行う際、そのタトゥーにおいて、採用の合否に支障が出るのか気になるかと思います。そして、その答えは、残念ながら、「イエス!」です。

 

タトゥーが採用担当者に知られてしまったら、まず、採用は難しいと考えた方が良いかと思います。

 

採用担当者の中には、中高年の担当者も多く、その人たちの中には、まだまだ、タトゥーへの偏見は、大きなものになっています。中高年の担当者に限らず、同世代の採用担当者だったとしても、タトゥーがある人、ない人では、迷わず、ない人を選ぶ事になるでしょう。

 

その為、就職活動を行う際は、タトゥーが見えないように最善の注意をはらうことが大切です。腕などに入っている場合は、どれだけ暑い日の就職活動でも、決して、袖をめくって歩く事なく、また、汗で透けてしまうリスクを考え、カッターシャツの中には、もう一枚、シャツを着て透けないようにする事が大切です。

 

これは、面接希望の会社だけで行うのではなく、途中の駅など全ての場所で行う注意点になってきます。その為、暑い日などは大変になってきますが、就職活動の為だと思い、努力しなければいけません。

 

そして、こういった努力は、採用後、一生続けていかなければいけない努力にもなってきます。採用後も、タトゥーを知られないように気にしながら、生活をしていかなければいけないのです。

 

そのような事がどうしても、嫌な場合は、面接の際にタトゥーについて、正直に話すといった手も考えられますが、決して、お勧めする事ができる方法とは言えません。まず、タトゥーの事を話せば、不採用になってしまうからです。

 

このような事から、大学生のうちにタトゥーを入れ、就職活動を行うと言う事は、マイナスにしかならず、就職活動の足手まといの他、無事に就職する事が出来たとしても、いつも、気付かれないように注意しながら生活を送って行かなければいけないと言う事が言えるのです。

 

大学生一人暮らし